写真でgoogle翻訳が話題なので洋楽の歌詞を翻訳してみた結果…


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

なんか、googleが写真で翻訳機能をリリースしたのが話題になっています。
写真に写った英語の文字を、その場で翻訳してしまうという機能。

なんかすごいです。こういうの。

なにこれ。おもしろい。
カメラを向けると、リアルタイムで翻訳してくれる。
しかも、フォントの色と向きもそれっぽく。

これ、たとえば音楽の話なんかでもさ。
洋楽の歌詞が苦手な人、いるじゃないですか。
英語が苦手な人。

カメラを向けたら瞬時に日本語に変わってくれて
わかりやすくなっていいんじゃないの!?

ということで、試しにちょっとやってみました。



ベン・E・キング「Stand By Me」

言わずと知れた名曲、「Stand By Me」です。
翻訳してみましょう。

GooglePlay Musicの歌詞を撮ってみました。
こちら。

タイトル「私がスタンド」・・・

ジョ、ジョジョですかッ!!
私がスタンドだッッ!

その下の「GooglePlayのムシ川を購読する」の意味が分かりませんが。。
今回は歌詞に注目したいので、いったん無視しましょうか。

で、歌詞を見ていくと・・・
ちょっと日本語がたどたどしいですが、
なんとなく意味はあっているような気はする、んですが。

「いいえ、L恐れていません」

こ、これは・・・
デスノートですか!?
「L」を恐れていない、ということは、、、
キラはLの正体が分かっている!?

そういえば、歌詞の中に「月が光のみを」というフレーズもあった。
つまり、「月(夜神ライト)」のことを表している!!

そうか。「Stand By Me」ってジャンプ漫画の曲だったんだ

続けて見てみよう。

サビが、すごいことに。

ああアアァァ、スタンドッッ!
私がァァッ!スタンドォォォッッ!

なるほど。すごく理解が進む。
「Stand By Me」はデスノートとジョジョが好きすぎる人の歌なんだ。
今度からそう思って歌ってみよう。
新しい世界が広がりそうな予感がする。

カーリーレイジェプセン「I really like you」

最近の歌でもやってみました。
カーリーレイジェプセン「I really like you」

ジャケット写真も翻訳しようとしているのが、律儀ですね。

それにしても、この歌詞も「L」に関することなんだ。
「Lは本当にしたい停止」、キラを止めたい、ってことですね。

・・・ん?

「L部屋まで歩くことができ死ぬ、ああ ええ」・・・

なん・・・だと・・・!?
Lが殺されとるやないか!!

Lが本当に本当に本当に好みだったのに、
殺されてしまった悲しみを歌っている。
おそらく、そんな歌なんでしょう。

今度からカラオケで歌う方、悲しい歌だと思って歌ってみると
きっといい感じで歌えると思いますよ。

ビートルズ「Let It Be」

洋楽と言えば、ぐらいの名曲。
ビートルズ「Let It Be」もやってみました。
GooglePlayMusicが出てこなかったので、「うたまっぷ」さんでやってみました。

・・・ん、なんか、歌詞がわけわからんですね。。
文字の並び方とかのせいで、区切り位置がわかりにくいんでしょうか。
翻訳に結構苦戦しているように見受けられますね。

そのなかでもかろうじて、
「FDM方式」とか「16進数のdiv」とか、
何やら専門用語が並んでいるのがわかるので、
非常に難解な歌詞だということがこれでわかります。

ん、作詞作曲、唄のところ・・・?

キツネザル & ニューヨークartney」!!
誰だよっ!
ジョンレノンはキツネザルだったのか・・・
ニューヨークartneyって、もう誰だか。

あと、「ひげ」が歌ってたんですね。知りませんでした。

「Let It Be」を歌うときは、ヒゲぐらいたくわえとけ、っていう話ですな。
なるほど。深いなぁ。勉強になる。

まとめ

ということで、google翻訳、いかがでしたでしょうか。
各楽曲、新しい一面が見えたような気がしますねっ!!

・・・まぁ、冗談はさておき。
カメラを向けるだけで翻訳してくれる、という機能自体はすごく便利だし、
保存してある写真を読み込んでも翻訳してくれるので、
英語の文章をカメラで見ると、瞬時に日本語になって見れる、
という未来を感じさせてくれる機能でした。

翻訳の精度はこれから上がっていくとしても。
時代は進んでいるなぁ。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA