StudioOneの使い方、レコーディング編

S1recording_00_top

今回は、Studio Oneでの基本的なレコーディング方法について説明していきます。



まずはオーディオIFの設定

まず最初に、オーディオIFの設定をしておきましょう。
オーディオIFとは「オーディオインターフェース」の略称です。長いので「IF」と書きます。

説明の前に、オーディオIFとは何ぞや?という方へ。
簡単に説明すると、マイクやギター、ピアノなどを接続することができ、その音をパソコンに送ってくれる機械、と思っていただければと思います。
音質にこだわらなければパソコンに付属しているマイクで録音してもかまいませんが、せっかくDAWソフトを使って音楽を作るのであれば、オーディオIFを用意し、より良い状態の音を録りたいものです。
お手ごろな価格(1万円~2万円程度)でもそこそこの機能のものがありますので、試してみてはいかがでしょうか。

たとえばこんなの。

ということで、オーディオIFをパソコンに接続した状態、だとして説明を進めます。

S1recording_01_ifsetting

画像のようにメニューを選択すると、オーディオIFの設定ができます。

S1recording_02_ifsetting2

こんな感じで、オーディオデバイスを選択する画面が出ます。
パソコンにオーディオIFを接続できていれば、このように接続した機器が選択できるかと思います。
選択できない場合は、ドライバがインストールされているかどうかを確認し、接続し直してみてください。

レコーディング用のトラック作成

さて、前回までで楽曲を制作していましたので、そこに楽器を演奏した音を録音して重ねてみたいと思います。

まずは、レコーディング用のトラックを作成しましょう。

S1recording_03_track

トラックの空いている部分を右クリックすると、新しいトラックを追加できます。
オーディオトラック」というものを追加してください。

「モノ」と「ステレオ」がありますが、録音環境に合わせて用意してください。
基本的には「モノ」でいいと思いますが、マイクを2本用意して録音したり、ステレオ出力してくれるマイクなどで録音する場合は「ステレオ」トラックが必要です。

S1recording_04_size

さらに、トラックのサイズを「標準」以上に設定すると、入力デバイスを選択するボタンが表示されます。

S1recording_05_device

このように、デバイスが選択できます。
私が使っているオーディオIFは入力端子が2つついているため、どっちから入力するかを選択できます。
マイクや楽器を接続した方を選択しておいてください。

メトロノーム、プリロールの設定

次に、メトロノームを鳴らすかどうかの設定をしておきます。

S1recording_06_metro

画面下の設定ボタンをクリックすると、メトロノームの設定画面が出てきます。

まずは、メトロノームを鳴らすかどうかを、左上のメトロノームマークをクリックすることで設定できます。
「プリカウントのみ」鳴らすか、「再生中」ずっと鳴らすかを、下のほうのチェックボタンで設定します。

ここで、「プリカウント」、「プリロール」という設定について説明しておきます。
録音ボタンを押した瞬間に録音が開始されると、いきなりすぎて演奏者が準備できなかったりするので、それを避けるための機能です。
「プリカウント」とは、録音開始時に、数小節分カウントを取ってから録音を始めてくれる機能です。
「プリロール」は、他のトラックの演奏を数小節分先に流してくれる機能です。

いずれも、必要に応じて設定しておくと便利です。

事前チェックして録音開始

さて、いよいよ録音を開始します。
と、その前に。

S1recording_07_check

録音のために使用するトラックの録音ボタンが赤く光っていることを確認してください。
これが点灯しているトラックに音声が録音されていくことになります。

また、モニターボタンが光っているかどうかも確認してください。
これは、録音中に、録音した声や楽器の音をモニター(スピーカーやヘッドホン)に返すかどうかを設定します。
上の画像の状態だと返ってくるように設定されていますが、返してほしくないときはOFFにしておいてください。

また、入力された音のレベルを簡易的に表示してくれるレベルメーターも表示されていますね。
録音前に、実際の声や楽器の音を最大音量で鳴らしてみてください。
赤いピークランプが点灯する場合は、確実に音割れになりますので、入力の音量を絞って調節してください。

事前チェックが終われば、録音開始です。
画面下部分の録音ボタンをクリックすると録音が開始されます。
頭から録る場合は、一度再生位置を頭に戻すために頭出しのマークをクリックしておいてください。

録音後の処理「ノーマライズ」と「クロスフェード」

実際に録音してみたらこんな感じになります。
何度か細切れに録音したので、イベントが4つほど出来上がっています。

S1recording_08_normalize

さて、録音した音声の後処理として、「ノーマライズ」と「クロスフェード」をご紹介しておきます。

ノーマライズとは、音声がピークを超えない範囲で音量を大きくしてくれる機能です。
先ほど事前チェックでピークランプがつかないように音量を絞っていたかと思いますが、少し余裕を持って音量を小さめに絞ってしまうこともあります。
そんなときは、このノーマライズで音量を上げておくと後から扱いやすくなることがあります。
ただし、小さい音で録音したものをノーマライズすると、ノイズも一緒に大きくなってしまうため、逆に使いづらくなります。
まずは適正な音量で録って、それでも音量が小さいと感じればノーマライズしてみてください。

もう一つ、クロスフェードという言葉が出てきました。
先ほどの画像のように細切れに録音した場合、実際には、頭から3小節目まで録音したけど、失敗したから2小節目から録りなおして・・・ということをしています。
このとき、2小節目から録りなおした音声と、それより前に録ってあった音声とをつなぎ合わす必要があります。
ここで使うのがクロスフェードです。

S1recording_09_crossfade

この画像は4小節目以降を録りなおしたところを拡大した図ですが、
4小節目より前の音声を、音量を少しずつ下げてフェードアウトさせています。
4小節目以降の音声を、音量を少しずつ上げてフェードインさせています。
これをクロスさせるようにしていることから「クロスフェード」と呼ばれます。

クロスフェードすることにより、つなぎ目がより自然に聞こえます。
また、音声データというのは性質上、変なところで切ってしまうと「プツッ」というノイズが発生することがありますので、それを防ぐこともできます。
録りなおした音声をくっつけたいときは、クロスフェードは必須、と思っておいてください。

実はStudio Oneで録音をすると、このクロスフェードを自動的にやってくれていたりします。
前回録った音声と隣接する箇所から録りなおしたりすると、すでにクロスフェードになっていたりします。
ということで、普段はあまり気にしなくても問題ないかもしれませんが、念のため確認しておくようにしましょう。

まとめ

ということで、今回はStudio Oneでのレコーディングの手順をご紹介しました。

オーディオIFを通してマイク、各楽器の音を取り込んで、オーディオトラックに録音できます。
必要に応じて、メトロノームやプリロール機能なども使ってみてください。

また、録音後の後処理にノーマライズが有効な場合もあります。
細切れに録音した際には、クロスフェードをかけることをお忘れなく。

それではまた次回。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA