赤ちゃんを抱くには抱っこ紐か、スリングか。どっちが便利で使いやすい?


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ@子育て中(@densuke_snail)です。

今回は、抱っこするのに利用するアイテム、
抱っこ紐 v.s. スリング
ということで、
どっちがいいの!?というのを書いてみたいと思います。



抱っこ紐とスリングって?

そもそも、抱っこ紐とスリングってどう違うの、
という話ですが。

抱っこ紐はこういうやつ。
両肩にひもをかけて、
パパママの体の前に密着するように赤ちゃんを抱っこするものです。

おんぶもできるので、おんぶ紐、と呼ばれることもあります。

対して、スリングはこういうやつ。
長い布を肩にひっかけて、
寝袋のような状態で赤ちゃんを入れるものです。

これも、「抱っこ紐」、と呼ばれることがありますが、
使い分けのために「スリング」と呼ばれることが多いようです。

抱っこ紐の特徴

抱っこ紐、例えばこんなのがあります。

前述したとおり、
ひもを両肩にかけて、
赤ちゃんを密着させるような形でだっこします。

抱っこ紐のいいところは
・支える場所が多く赤ちゃんが安定する
重さが分散して、パパママの体の負担が軽い
・新生児対応のものなら、赤ちゃんの首もケアしてくれる
というところ。

逆に、
・形がやや複雑で慣れないと難しい
・留め具が多く、装着に手間がかかる
・スリングに比べると価格がお高め
という感じ。

スリングの特徴

対してスリング、
こんなものがあります。

スリングのいいところは
・肩に通すだけなので手軽に装着しやすい
・抱っこ紐よりは価格がお安め
というところ。

逆に、
・赤ちゃんが暴れると不安定になりそう
・重さが分散しないので肩や首に負担がかかる
・首が座っていない時期は少し不安
という感じです。

抱っこ紐とスリング、使う場面

抱っこ紐とスリング、
使う場面としてより適しているのはどちらかというと。

赤ちゃんを連れて外を歩きたい、
という場合は「抱っこ紐」
の方が良いかと思います。

歩き回っている間も、
抱っこ紐がいろんな箇所で赤ちゃんを支えておいてくれるので
赤ちゃんに集中してなくても安定してくれます。

重さも分散してくれるので、
長時間だっこしていても疲れにくい。

出かける前の装着が少し面倒ですが、
夫婦二人で協力し合ったりしてなんとかすれば、
あとは楽に抱っこし続けられるかと思います。

対して、
家の中で用事をしたい、という場合は「スリング」の方が良いかと思います。

装着が手軽なので、
家の用事をするためだけに
いちいち手間をかけて装着するのも面倒。

抱っこ紐ほど密着しているわけではないので、
ぐずってきたときに、ちょっと揺らしてあげる、
なんてこともできたりします。

ずり落ちないように注意しないといけないのと、
新生児だと首を片手でさせておいてあげた方がよいので
あまり長時間、危険なことはできないですが。

ただ、だっこのために両手がふさがりたくない!
という場面に、さっと装着できるのが便利です。

抱っこ紐とスリング、結局どっちがいいの?

さて、どっちがいいの?という話ですが。

どっちも一長一短という結論です!

まぁ、そうですね。
どっちがいい、というよりも、
使い道が違うので。

なんなら両方とも持っておいて、
用途に応じて使い分けるのがいいと思います。
うちではそうしてますし。

おすすめの抱っこ紐、スリングは?

世の中にはいろんな種類があるので、
どれがいいのか迷うところですが。

うちで使っている抱っこ紐はこちら。

抱っこ紐は「エルゴ」というメーカーのモノ。
わりと、抱っこ紐と言えばエルゴ、みたいな感じっぽい。
(うちの周りだけ??)

いろいろと留めるところがあってややこしいですが、
安全のためのベルトが付いていたりして
安定性を重視したつくりになっています。

背中に手が回せないと留めにくいところもありますが・・・
そこは調整するか、
2人がかりで装着することでクリアしてます。

あと、うちで使ってるスリングはこちら。

デザインがたくさんあってオシャレっぽかったのと、
紐をファスナーで留めることで長さ調節ができるので、
パパママの使い分けがやりやすそう、
というところがポイントでした。

まとめ

ということで、抱っこ紐、スリングの話でした。

どっちがいい、というか、
使う場面がちがうので、使い分けると便利。
という話です。

いずれにしても、パパママの手が空くので、
用事をするときに便利です。
上手に使い分けて、忙しい育児を乗り切りましょう!

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA