音の名前【わかりやすい音楽理論】【楽典】

音の名前についてです。
ドレミファソラシド、というやつですが、それ以外にも。



英語、日本語、イタリア語

みなさんご存知ドレミファソラシド。
小学校の音楽はだいたいこれで習いますが。

それは、イタリア語。
音の名前には、英語表記と日本語表記もあります。
それがこちら。

イタリア語名 ファ
英語名 C D E F G A B
日本語名

「ラ」=「A」=「ハ」です。
ラから始めると、「ABCDEFG」だし、「イロハニホヘト」の順番になります。

どうしてもドレミファソラシドの印象が強いので、
「CDEFGAB」
「ハニホヘトイロ」
と覚えたほうがしっくり来てしまうかもしれません。

なぜ英語、日本語表記を覚えるのか

ドレミファソラシドでいいじゃないかめんどくさい!
と思われるかもしれませんが。

例えば、クラシックの音楽で「ハ長調」とか「ト短調」とかの単語を聞いたことがないでしょうか。
あれは先ほど出てきた「ハニホヘトイロ」を使っています。

また、楽譜などを見ていると、楽譜上にコードが書いてあるのを見たことはないでしょうか。
「C」とか「Em」とか「G7」とか。
あれは、英語表記の「CDEFGAB」を使った例です。

このように、音楽を語る上でいろんな表記が混ざって出てくるので、
どの表記も覚えておくのがいいということです。
・・・おそらく日本人ならではの現象なんだと思いますが。

音の高さの表記

「ドレミファソラシド」と音が上がっていったとき。
下のドと、上のドの間隔を1オクターブといいます。

世の中には、1オクターブ上のド、2オクターブ下のド、というように、オクターブ毎に「ド」という音が出てきます。

さて、では「ド」を弾いてください、と言われたら、
どの高さの「ド」??となりますね。

これに関して、音の高さの表記もあります。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。

App2.音の名前mid2CやhiCなどの説明。実際の音で確認もできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA