音楽における調、調号とは何か【わかりやすい音楽理論】【楽典】

ハ長調とかイ短調とか。
調ってなんなのかよくわからない、という方も多いのでは。
わかりやすく解説してみます。



調号の一覧

まずは、つべこべ言わずに調号の一覧をご紹介します。

長調 短調 調号
ハ長調
C major
イ短調
A minor
ハ長調、イ短調
ト長調
G major
ホ短調
E minor
ト長調、ホ短調
二長調
D major
ロ短調
B minor
ニ長調、ロ短調
イ長調
A major
嬰ヘ短調
F# minor
イ短調、嬰ヘ短調
ホ長調
E major
嬰ハ短調
C# minor
ホ長調、嬰ハ短調
ロ長調
B major
嬰ト短調
G# minor
ロ長調、嬰ト短調
嬰へ長調
F# major
嬰ニ短調
D# minor
嬰ヘ長調、嬰ニ短調
嬰ハ長調
C# major
嬰イ短調
A# minor
嬰ハ長調、嬰イ短調
長調 短調 調号
ヘ長調
F major
ニ短調
D minor
ヘ長調、ニ短調
変ロ長調
B♭ major
ト短調
G minor
変ロ長調、ト短調
変ホ長調
E♭ major
ハ短調
C minor
変ホ長調、ハ短調
変イ長調
A♭ major
ヘ短調
F minor
変イ長調、ヘ短調
変ニ長調
D♭ major
変ロ短調
B♭ minor
変ニ長調、変ロ短調
変ト長調
G♭ major
変ホ短調
E♭ minor
変ト長調、変ホ短調
変ハ長調
C♭ major
変イ短調
A♭ minor
変ハ長調、変イ短調

はい。
よく、楽譜のはしっこに
#がいくつ付いてて・・・とか、
見たことありますよね。
あれです。あれが調号です。

あれが「調」を表している、
という認識で、半分は正解です。

じゃぁ結局その「調」ってどういう意味を持っているのか。

長調と短調とは何か?

まず、長調と短調という言葉は聞いたことがあると思いますが、そもそも何なのか?

こちらの記事で、メジャースケールとマイナースケールを紹介しました。

メジャースケール、マイナースケール【わかりやすい音楽理論】【楽典】

内容を簡単にいうと、
音をどういう間隔で並べるのか、というルールが「スケール」です。
メジャースケールとマイナースケールという種類の並べ方がある、という話。

具体的にどういう並べ方かというと、こうです。

メジャースケール

マイナースケール
scale_minor_natural

それぞれ、音が全音、あるいは半音離れている、ということですね。

メジャースケールを日本語に直すと「長調」、
マイナースケールは「短調」です。
日本語に言い直しただけですね。

長調は、どちらかというと明るい前向きな雰囲気の響きになりやすいです。
それに対して短調は、どちらかというと暗く悲しい雰囲気の響きになりやすいです。
イメージなので、必ずしもではないですけどね。

それもこれも、音階の並び方のルール「スケール」で
イメージが変わってくることに由来しています。

「調」の中でもハ長調って?

さて、長調、短調が分かったところで、
じゃあ例えば「ハ長調」というような言い方はどういう意味なのか。

ハ長調とは、つまり「ハ」の「長調」なわけです。

「音の名前」の記事でも書きましたが、
「ハ」=「ド」でしたね。

音の名前【わかりやすい音楽理論】【楽典】

これはつまり、
「ド」を基準にした
「長調」=「メジャースケール」
を使って曲を作りましょう、という意味です。

ちなみに、英語でいうと「ド」=「C」、つまりCのメジャースケールなので、Cメジャー(C major)とも呼びます。

音の並びを書いておくと、こんな感じですね。
ハ長調

じゃぁ、ニ長調って?

「ハ」の次は、「ニ」ですね。
ニ長調はどうなるのか。

先ほどのハ長調が「ハ」を基準にしているのだから、
ニ長調は「ニ」を基準にしているのです。ルールがわかれば簡単!

ということで、「ニ」=「レ」を基準にして、「全全半全全全半」の並びで音を並べてみましょう。
するとこんな感じになります。
scale_dmajor

調を示すための調号の意味とは

さきほどのように、ニ長調の音をルール通りに並べると、
途中でいくつかシャープ「#」を付けないといけないものが出てきましたね。

つまり、ニ長調で曲を作る時にはほぼ毎回「ド」と「ファ」にシャープを付けることになります。
でも、毎回書くのが煩わしい。
ということで、こういうのは最初にまとめて書いてしまおう!

楽譜を書き直すとこんな感じ。
scale_dmajor_sharp

この、楽譜の頭につけるシャープ、もしくはフラットのことを「調号」と言います。
調号の意味は、毎回つけるシャープ、フラットを、最初に宣言しておくことで
譜面を書く手間を省こう、という意味があるわけです。

また、調号をみることで、
この曲の調はなにか、というのも判断できることになります。

そのほかの調

ホ長調、ヘ長調、などなど、またはハ短調、ニ短調・・・
それらはすべて、先ほど説明したルール
「ハ」:「ド」を基準にして
「長調」:メジャースケールの音の並びで
に当てはめればいいわけですね。

短調であれば、マイナースケールの音の並びにすればいいわけです。
マイナースケールには3種類ほどありましたが、調号を考える上ではナチュラルマイナースケールで考えてあげればよいです。

全部やると大変なので、各調で調号がどうなるのかを
再度まとめてみます。

調号 調 一覧

ちなみに、
「嬰」は「えい」でシャープの意味。
「変」は「へん」でフラットの意味です。

なかなか覚えづらいので、忘れた時はこのページを参照していただければよいかと思います。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA