Dead End

壁の向こうはいつだって見えない
真っ暗な部屋でもがき続けるだけ
痛みはいつもすぐにはこないから
誰もが自分の位置を把握できぬまま

長い山道はいつだって険しい
真っ白い雪が冷たく僕を襲う
登りきることがノルマだなんて
とんでもない世界に迷い込んだんだなぁ

果てしなく広いこの広大な荒野で
何があるのか知りもしないままで
歩き疲れて じっと目を凝らして
それでも見えない ゴール目指して

あまりに遠くの それは現実
あまりに近くの それは幻
はたまた逆か それとも野暮か
いずれにしても涙も出ない

 

もし人がエゴの化身なら
救われる道なんかありはしない
微笑みも優しさも全ては意味がなく
選んだ道はどれも Dead End

果てしなく強いこの雄大な勇気で
何かがあると信じ続けて
歩き続けて じっと前を見据えて
いつかは見えるはずの ゴールを・・・

あまりに過酷な それは現実
あまりに優しい それは幻
はたまた嘘か あまりに野暮か
いずれにしても 涙は出せない
涙は見せない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA