オフェンス

やっぱり疲れとんのじゃないか
絞り出したって何にも出てこない
からからのボロ雑巾

調子が悪いと言いわけて
かまうもんかとふて寝する
それじゃあ結局裏庭に
寝転ぶ犬と同じだろ

じっくり考えてみようじゃないか
叶えたい猥雑な欲望なら
だらだらと溢れ出てる

そりゃお前高望みだ
テレビばっか見てんじゃねえ
流れる時代に足元すくわれ
地に足もつけられないのがオチ

あぁでも
世の中にはこんだけすごい人達がいて
自分一人だけがこんな体たらく
許せる?誰を?

ほらほら重い腰あげて
ぐずぐずせずに行くぜ 想い描いた高みへ
馬鹿馬鹿しい言動を恥じるな
たどたどしい足取りだって構うな
負けるな、俺 たじろぎながら

 

さっぱりうまくいかないじゃないか
幼稚な勢いを持て余して
しおしおと沈んでる

理念ばかりが空回り
そんなもんさと苦笑い
引き際見据えてあとずさり
守りに入って危機管理

あぁでも
ぜったい持ってるんだすごい才能を
それを発揮できないだけさ
許せる?俺を?

そもそも攻めてもないだろう
つべこべ言わずに行くぜ あの壁の向こう側
白々しく自分を飾るな
黙々と進む自分をなじるな
愚直な未来 この眼で捕らえて

 

とっとと重い腰あげて
つべこべ言わずに跳ぶぜ 想い描いた高みへ
馬鹿馬鹿しい言動を恥じるな
たどたどしい足取りだって構うな
ゆがんだ声 高く張り上げて
負けるな、俺 いざ攻め込むぜ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA