【ボイトレ書評】ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術【ロジャー本】

booktop
歌が上手くなるためのボイトレ本書評。

今回ご紹介するのはこんな本。
“歌う力”をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)

著者:ロジャー・ラヴ
監修:高田 三郎
出版:リットーミュージック



ざっくりした説明

いわゆる「ロジャー本」と呼ばれる、ボイトレ界ではよく話題に上る本です。
アメリカのボイストレーナー、ロジャー・ラヴが著者となり、
高田三郎氏が監修を務めるほんです。

高田三郎氏といえば、以前紹介した
決定版! 高い声で歌える本
を始め、自分でも著書を持っているボイストレーナーです。

本の内容

最近のボイトレによく取り入れられているような話を、わかりやすくまとめてあります。
腹式呼吸をしましょう、高音で喉を締めないようにしましょう、
ということがメインです。

高音で喉を締めないような声、というのをこの本では「ミドルボイス」と呼んでいます。
これをしっかり出せるようにしましょう、というのがこの本の主眼です。

また、ビブラートの練習に力を入れて書いているのもこの本の特徴かと。
ビブラートは数あるテクニックのうちのひとつとして軽く取り上げられることも多いのですが、
どうすれば出しやすくなるのかを、具体的な練習方法も含めてページを割いて書かれているのが印象的でした。

わかりやすさはCDにあり

付属のCDがなかなかいいです。
具体的な練習方法が解説されているのと、
実際に声を出して、こんな声がいい声、悪い声、というのを具体的に聞かせてくれています。

ただ、全部英語なんですよね。。
願わくば、日本語で録りなおしてほしかった。
一応、本の巻末に日本語訳が載っているので、それを見ながら。

どんな人におすすめ?

歌が上手くなりたい、と思っている人、
ボイストレーニングをやりたい人、やっている人、
割と幅広い人にお勧めできる本だと思います。

ということで、気になった方はどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA