【ボイトレ書評】声美人・歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOK【YUBA本】

booktop

歌が上手くなるためのボイトレ本書評。
今回はこの本。

改訂版 プログラムCDつき 奇跡のボイストレーニングBOOK―声美人・歌上手になる

著者:弓場徹
出版:主婦の友社



ざっくりした説明

ボイストレーニング界では有名な、三重大学教授の弓場徹先生の本です。
ご自身で提唱されている「YUBAメソッド」という名前の発声練習方法を、この本だけではなく何冊もの本を出して紹介されております。

今回の本は、その「YUBAメソッド」を紹介している、通称「YUBA本」のうちの1冊です。

本の内容

この本で説明されているYUBAメソッドを簡単に要約すると、

・オモテ声(地声のこと)を出せるようにする
・息漏れのない(しっかりした)ウラ声をだせるようにする
 ↓ そしてその後
・ウラ声とオモテ声を混ぜた声をだす!

という感じです。

裏声に関してはうちのブログでも取り上げました
そこで紹介した、地声→裏声に切り替えていく発声練習を「ウラ声とオモテ声を混ぜた声をだす」ために取り上げられています。

参考になる点・良い点

発声練習用のCDが、男声用、女声用と分けられており、使いやすいかと。
目的のはっきりしている発声練習(オモテ声を出す、ウラ声を出す、それを混ぜる)ということもあり、
練習の目的がわかりやすいので、取り組みやすいと思います。

また、いわゆる「音痴」になる原因をパターンに分けて解説されています。
それに対する対策の内容がやや簡単に終わっていますが、自分がどうなっているかを分類するためには参考になるのではないかと。

すこしだけ補足

以前うちのブログで、
歌が上手くなるためのたった1つのコツ
というタイトルで、「口を開けて歌う」ということを書きました。

で、この本には「口を大きく開けて歌うのは間違い」と書いてあります。
これに関しては、若干の誤解を産むのではないか、と思っています。

「不自然なまでに口を開けるのは良くない」ということが書かれており、それが大事なポイントなのだと思います。
それと並行して、「母音をはっきり発音するのは大切」ということも併せて書かれています。

これに対する対応策として、「口を開けなくても、腹話術師のような口の開け方ではっきり発音すればよい」
というようなことを書かれていますが。。
これはあまりに難易度が高いですし、実用性に耐えないのではないか、と考えてしまいます。

「不自然なまでに口を開けてはいけない」というのは、私も賛成です。
「母音をはっきり発音するのは大切」というのも、賛成です。

初心者の方は口の開け方を意識せずに歌うことで、発音がこもっていることが多いです。
それを解消するポイントとして、口を開ける、は良いことだと、私は考えています。
開け方ひとつで声の響き方が変わってきますので、「不自然なまでに口を開けてはいけない」も大切なポイントではありますが。

どんな人におすすめ?

  • 目的のはっきりした発声練習をしたい方
  • 基礎練習が好きな方
  • YUBAメソッドの中身が気になる方

ちょっと細かい内容に反論をしましたが。。
わかりやすく、有効な発声練習ができる本ではあると思います。

気になった方はどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA