冬の乾燥対策に!厳選リップクリーム特集。ボーカリストにもおすすめの唇ケア


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、唇の乾燥対策!ということで。
くちびるの荒れ、ひび割れ、口角炎対策として、リップクリームをご紹介します。

冬に近づくにつれ、
空気が乾燥してきてくちびるも荒れますよね。
僕も、よく唇が切れてイライラします。
あと、口角の部分が切れたりもするし。

唇が切れると、
しゃべったり、食事したりするときに邪魔になったりしますね。
ボイストレーナーとしては、歌う時に邪魔になるのも気になるところ。

いちいち唇の痛みを気にしながら歌わないといけないのって、
あれ、すごくめんどくさいんですよね。
なんかちょっと実力が発揮できない感じもあるし。

もともと、リップケアって女子がやるもの、というイメージがあった気がしますが、
最近は男子でも普通にリップクリームを持ち歩いてたりしますよね。
みんなでケアしようぜ!



唇ケアのポイントは「習慣づけ」

リップクリームを紹介する前に。
唇ケアのポイント。

唇が切れる前から常にケア!

これです。
唇が切れてしまってからでは遅いですからね。

たとえば、
・朝起きたとき
・食後
・風呂上り
・寝る前
・etc…
など、何かのイベントとともにケアするようにした方が良いかと思います。
きっかけを作っておいた方が忘れにくいしね。

女子の場合は、メイク、メイク直しの時にリップクリームを塗る、
という習慣をつけると良いと思いますが、
男子はあまりメイクをしないので
なにかきっかけを決めておいた方が忘れにくいです。

いずれにしても、
何かのタイミングでリップケア、という「習慣」をつけるというのがポイント。

先にも書きましたが、唇が切れてしまってからでは遅いので、
切れる前の予防が大事、ということです。

塗りすぎも、良くない?

予防、予防といいつつ、
塗りすぎもあまり良くないようです。

薬に頼りすぎて自己修復力が弱まってしまうのと、
リップクリームを塗るときの摩擦が刺激になってしまうのと。

なにごともやりすぎは良くないということですね。
1日5回程度にとどめるのがよい、とも言われています。

1回塗ってから「あー全然効果がなくなってきたなー」ぐらいのタイミングで塗るようにするのが良いかもですね。

リップクリームのご紹介

さて、それではオススメのリップクリームご紹介。

今回ご紹介するもの、
いろんなランキングを見ても大体ランクインしている、
これを使っとけば間違いないだろう、というものをご紹介します。

合う、合わない、
使いやすい、使いにくい、
個人差はいろいろあるかもしれませんが、
使ってみて、マイベストを探ってみてくださいませ。

ニベア ディープモイスチャーリップ

ニベアのリップクリームです。

はちみつ、ローヤルゼリーエキスが効きそう。
あと、UVカットもしてくれるようなので、
女子にはうれしい商品かも。

値段もそんなに高くないので、
コストパフォーマンス的にも良いかと。

あと、香り付きのもあるみたいです。

キュレル リップケアスティック

乾燥肌、敏感肌を考えたリップクリーム
ということで、
「リップクリーム塗っても結局荒れちゃう」
という敏感肌な方も、もしかしたら使えるかも。

DHC 薬用リップクリーム

かわいい見た目とDHCブランド。
さすがにこの見た目なので、男子は使いにくいかと思いますが・・・

なので、僕もさすがに使ったことはないです。
口コミによると、そこそこ効き目があるとのこと。

ときどき、かわいいキャラクターとのコラボデザインが出たりするので
可愛いもの好きの女子にはおススメかも。
ちょっとしたプレゼントにも良いかもしれません。

メンソレータム 薬用リップスティック XD

結局、定番

とりあえずこれ塗っときゃいい、みたいなとこ、あるよね。
コンビニとかでもだいたい売ってるし。
安いし。

なんか、僕もだいたいカバンの中に入りっぱなしで、
気が付いたときに塗ったりしてます。

すごく効く、とか、長持ちする、という印象はないのですが、
やはり塗らないよりマシになります。
あと、メントールのおかげか、切れた唇の痛みが緩和される感じ。

ほかにも、ちょっといいやつとか、
UVカットのやつもあるらしいよ。

ワセリン

無味無臭、保湿のための製品です。
石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの(by Wikipedia)
なので、すごく乱暴に言うと、ただの油です。

塗ると、膜を張ってくれるような状態になるので、
水分の蒸発を防ぐ=乾燥を防ぐことになり、
また外部からの刺激もシャットアウトして傷の保護にもなり、
唇の切れ、乾燥対策に使える、というわけです。

その他のリップクリームと違って、何か効能がある成分が入っているわけでもないので
自己修復機能だけで唇を修復するのを狙えるのと、
肌への刺激が少ないというのが特徴になるかと。

市販のリップクリームでは逆に荒れてしまって・・・
という方は、ワセリンを塗って保湿を狙ってみるのもいいかもしれません。

より刺激の少ないといわれる、こんなのもあります。

よりひどい荒れ、ひび割れ、切れには医薬品

もうすでに、唇切れちゃったよ、どうすりゃいいんだよ!
という方は、医薬品を使うのが良いかと。

唇の荒れ、ひび割れなどの傷に効果のある成分が含まれているもので、
第3類医薬品」として販売されているものです。

通常、使用しても問題のないとは思われますが、
アレルギーや副作用等が起こる場合は使用を中止し、お医者さんに相談してください。

まとめ

ということで、リップクリーム、リップケア製品のご紹介でした。

冬は乾燥しますのでね。
唇のひび割れ、口角炎などにご注意ください。

唇切れると、食事をするにも、
歌を歌うにも、何をするにもつらいもので。
そうなる前に、リップクリームなどを使って予防しておきましょう。

もし切れてしまった場合は、
医薬品の力を借りるのも良いかと思います。
「医薬品」ですので、使用上の注意を守って使ってくださいませ。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA