【歌声解説】平井堅さんの歌い方、歌唱力を解説


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、平井堅さんを取り上げてみたいと思います。

ザ・濃い顔でおなじみ(?)
平井堅さんです。
いま日本で一番濃い顔と言えば
平井堅さんか阿部寛さんじゃないかと思っています。
・・・僕の勝手なランキングですが。

そんなことより。
歌唱力が話題となってブレイクし、
いまや知らない人はいないシンガーとなった平井堅さん

そんな平井堅さんの歌声解説。



魔法って言っていいかな

では、聞いてみましょう。
平井堅「魔法って言っていいかな」

平井堅さんの歌唱力1 エッジボイスを混ぜる

平井堅さんといえば、エッジボイス。
エッジボイスと言えば平井堅さん。
という、僕の勝手なイメージではありますが。
エッジボイス、たくさん出てきます。

歌い出しの0:14あたり「『き』みがあんまりまぶしく笑うから」
0:27あたり「いつしか『ぼ』くのハートの」
0:34あたり「『き』みがあんまりむ『ぼ』うびに泣くから」

うなるような「うぅ・・・」という声。これをエッジボイスと呼びますが。
このエッジボイスを随所に混ぜることによって
むせび泣くような切ない表情を出すことができます。

平井堅さんは、このエッジボイスを多用して、
切ない歌い方、平井堅さん独特の世界観を作り出しています。

エッジボイスに関しては、こんな記事でも取り上げました。
やり方が知りたい方は、こちらも参考に。
歌唱テクニック向上!しゃくりとフォール応用編

平井堅さんの歌唱力2 地声?裏声?

平井堅さんのもう一つの特徴は
地声と裏声の区別がつきにくい、ということです。

平井堅さんは全部裏声で歌ってる、と分析する人もいるぐらい、
じつは裏声を多用しています。
全部、というのは、おそらく「高い声は」ということだと思いますが。

0:55あたりからのBメロ「愛という曖昧『なも』のに」
この『なも』は裏声です。
微妙ですが、声の質が変わってるのがわかるでしょうか。

音程でいうと、mid2D#です。(mid2D#などの音名の説明はこちらへ

男性にとって、そこまで高くない、というか、
ほとんどの方でも地声で出せる音域ではありますが、
おそらくあえて、裏声を選んで歌われています。

地声で出そうとすると、どうしても強い声が出がちです。
それが、曲の雰囲気、あるいは平井堅さんの歌い方に合わない、
という判断なんだと思います。

実際のところ、裏声といっても、かなり柔らかめの、
息を多く含んだ裏声を出しています。
それが、この曲の柔らかさ、やさしさにつながっているのかと。

1:14からの「君を笑顔にするまほ『うは』」
ここも裏声ですね。
やはり息を多めに出すために、『ほは』という発音になってます。

あと、超難度の1:20からのあのフレーズ
「帰り道の 犬の鳴きまね あの日の本音 君の寝言の話」
ですね。

「君のね『ごとの話』」の後半のところが裏声、あとは全部地声、だと思います。

地声で出そうか、裏声で出そうか迷うぐらいの音程が続く中、
それをきちんと出し分けて、コントロールできているのがスゴイわけです。

実際にカラオケなんかで歌う場合には、
どこから地声でどこから裏声でも別にどっちでもいいんですが、
そこが頭の中であいまいになっていると、
実際に歌うときに変な裏返り方をしたりするので、
キッチリと決めて歌わないと難しいです。

平井堅さんの歌唱力3 エフェクトが少ない

これは平井堅さんの歌唱力、というか、この曲だから、だと思うのですが。
エフェクトでの味付けが、非常に少ないのではないかと。

リバーブ、ディレイがほとんどかかっていないように聞こえます。
まったくかかってないわけではない、ように聞こえますが、
かかっててもちょっとだけです。

自信あるなー。と思いますよね。

通常、ボーカルのパートには
リバーブ、ディレイ、コーラスなどのエフェクトをかけて
ある程度きれいにして仕上げるのが一般的です。

ところがこの曲の場合、
それがほぼ付け加えられていない。
すっぴんで勝負してきてる、みたいなもんですよ。

それがゆえに、いい意味で生っぽさが出ています。
たとえば、歌い出しの0:14あたり「君があんまりまぶしく笑うか『ら』」
この『ら』の伸ばし方。
ちょっと、揺れてしまっているのがわかりますでしょうか。

音程としてはmid1C#です。(mid1C#などの音名の説明はこちらへ
男性にとって、出せなくはないですが、ちょっと低いな、と思う音程。
このあたり、しっかり伸ばすのが非常に難しいです。

息をしっかり吐いてあげないといけない。
しかも、柔らかく歌いたいので、余計に吐かないといけない。
そうすると、安定させるのが非常に難しい。

でも、これを揺れている状態そのままで残していることによって、
平井堅さん自身が耳元で歌ってくれているようなリアル感がある。
これはこれでいいな、と思います。

また、生っぽいままの音源だとすると、
そのほかの部分はかなり安定して歌えている、と言えます。
このあたりは、さすが平井堅さんの歌唱力、といったところです。

平井堅さんの歌声を例えると

平井堅の歌声を何かに例えてみようのコーナーです。

「ミロのヴィーナス」という感じでしょうか。
こういうやつね。

・・・顔が濃いイメージで、ローマのイメージなんですが。
ルネッサンスの芸術、ミロのヴィーナス像をイメージしてみました。

はじめは「ダビデ像」をイメージしてみたんですが、
男性らしいがっちりした歌声、というよりも
女性っぽい柔らかな歌声、という方が合うんじゃないか。
そう思って、ミロのヴィーナス像です。

まとめ

ということで、平井堅さんの歌声解説でした。

エッジボイス、地声と裏声の使い分け、
このあたりが平井堅さんの歌声の特徴かと。

どちらかというと裏声を上手く使うイメージがあるので、
輪郭のはっきりしたリズミカルな曲とか、
ロックでカッコいい曲とかのイメージではなく、
「魔法って言っていいかな」のような聞かせる曲が合う気がしますね。

・・・歌うの難しいけど、名曲なんだよなー。
みなさんも頑張って歌いこなしてみて下さい!
これが歌いこなせたら、結構な歌唱力です。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA