【歌声解説】神田沙也加さんの歌い方、歌唱力を解説


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、神田沙也加さんを取り上げてみたいと思います。

松田聖子さんと神田正輝さんの娘さんです。
芸能人の家庭で育ってきたことの
特別感と、だからこその苦労もあったと思いますが、
「アナと雪の女王」で一気に才能を開花させた感じがありますね。

直近でいうと、
ソードアートオンラインの映画版に出演されていますね。
声優、そして歌を担当されてます。

また、少し前まではTRUSTRICKというユニットを組んで音楽活動をされていましたが、
2016年12月をもって活動休止されています。
なかなかいい曲を作っていたと思うので、
個人的には残念な感じです。

じつは、僕の嫁が神田沙也加さんの大ファンです。
だから余計に興味を持っている、ということもありますが。

そんな神田沙也加さんの歌声解説。



Flying Fafnir

では聞いてみます。
TRUSTRICK「Flying Fafnir」

神田沙也加さんの歌唱力1 声がきれい

なんでしょう。
神田沙也加さんの印象、もう、これです。
声がきれい。

こんな言い方がいいかどうか微妙なんですが、
さすが松田聖子さんの娘さん、という感じですね。

生まれ持っている声質、というのももちろんありますが、
それを雑味なく、きちんと出せるだけの実力があってこそ
きれいに響く声が出せる。

なので、才能、というだけではなく、
その後の努力、というのもあるような声に聞こえます。

どんなところにそれを感じるかというと。
神田沙也加さん、ちょっと発音が甘いところがあります。
・・・いや、基本的にはきれいに発音できてるんですよ。
アラを探すと、ということです。

例えば0:34あたりからの出だし
「ひと『り』で 『た』ち向かった」
・・・微妙ではありますが、『り』の発音が少し甘い。
それに引きずられて、『た』も少し甘くなる。

その後のフレーズ、「あの戦いでわかった」での
『た』の発音がかなりはっきりしているのと比べると
わかりやすいかもしれません。

また、英語の発音が・・・
1:04あたりからの「Far away Find the way Fly Fafnir」
特に『Fly』の『L』が発音できてなかったり。
まぁ、この単語の並びは発音難しいですけどね。。

いや、超細かいことをつつきましたが、
こういう所に努力の跡がみられるな、と。
色々改善してきて、きれいになってきたんだろうなと。
そう、僕は思います。
ただの僕の妄想かもしれませんが・・・

神田沙也加さんの歌唱力2 息の抜き具合のコントロール

もう一曲、別の曲を聞いてみましょうか。
TRUSTRICK「ATLAS」

先ほどの「Flying Fafnir」とはかなり違う雰囲気の曲ですが。

出だしの「I’m still waiting for you」
から既にやってますが。
最後の「for you」のところ。
むりやり文字にすると「フォホー ヒュー」みたいなね。
かなり息を使って歌っています。

さらにその少し後のフレーズ
「遠くてー」の伸ばすところ。
これもかなり息を吐いて歌っています。

先ほどの「Flying Fafnir」ではしっかりと息が抜けないように歌っていますが、
「ATLAS」の方では、かなり息を抜いて歌っている。
このあたりの息の抜き具合のコントロールがうまいです。

このコントロールが自在にできていると、
いわゆる抑揚を付けるのに有利です。
強く声を出したいとき、弱く抜きたいとき、
その表現のつけ方が、神田沙也加さんはうまい。
コントロールができているからです。

神田沙也加さんの歌唱力3 伸びのある声

「ATLAS」の方の0:22からのサビ終わりのフレーズ。
「あのままーーー」の伸び。
いいですね。

息を抜いた声のまま伸ばすと、
いつもより余計に息を使わないといけないので、
長く伸ばしにくいのですが。
すごいな。息全部使ってんじゃないかぐらいの。

その直前のフレーズが
「頭に(ブレス)きちゃうくらいあのままーー」
なので、息を吸う所が「あのまま」の直前じゃなくてちょっと手前、
というのも、なかなかすごいポイント。
少ない息の量で、うまくコントロールされてます。

神田沙也加さんの歌声を例えると

神田沙也加さんの歌声を何かに例えてみようのコーナーです。

「春風」という感じでどうでしょうか。

とりあえず、風のイメージが出てきたんですが、
季節でいうと、春だなーという感じです。

春の風は暖かくてさわやかなイメージがあるので。
冬が終わった感じ。
でも、たまに春一番とかで激しい風を吹かせつつ。
いろんなものが春めいてくる喜びみたいなものも感じさせつつ。

あー、でも花粉飛んでくるなー。
そこらへんは、現代っ子ということで。

まとめ

ということで、神田沙也加さんの歌声解説でした。

・・・例えのコーナーがグダグダでしたが。。

まぁ、やはり上手いですよね。
きれいな声を活かす歌い方をされている。
特に息のコントロールがうまいです。

舞台や声優の活動も多いみたいなので、
多方面での活躍を見てみたいと思います。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA