【歌声解説】Mr.Children 桜井和寿さんの歌い方、歌唱力を解説


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、Mr.Childrenの桜井和寿さんの歌い方、歌唱力を解説してみようと思います。

僕は、完全にミスチルにドはまりしてる世代です。
全盛期(?)の頃の歌、名もなき詩とか、innocent worldとか、シーソーゲームとか、
いまだに歌詞を見なくてもソラで歌える感じです。

ある意味、日本で一番成功したバンドと言っても過言ではないかもしれない。
・・・僕が勝手にそう思ってるだけですかね。。
そんなミスチル。



まずはMr.Children桜井和寿さんの声を聞いてみる

まずは、聞いてみますか。
Mr.Children「シーソーゲーム」

 

ライブでのシーソーゲームです。
ちょっとアドリブが入ってる感じですな。

どうでもいいけど、JENさん相変わらず表情豊かにドラム叩くよな。

ミスチル桜井さんの歌唱力その1 走り回る

桜井さんのすごいところとして、
広いステージを何度も往復して走ったり、動き回ったりして、
汗だくになりながらも、安定して歌える。
それがすごい、と言われたりします。

もちろん、こういったパフォーマンスをするのはミスチルだけではありませんが、
桜井さんもそれができる人の一人、ということです。

・・・歌唱力の話と関係ないって?
いやいや、そんなことはないですよ。

実際にやると、しんどいです。
あたりまえすけどね。

体そのものが楽器であるボーカルですから、
体力を使ってしまうと、やはり歌に影響がでます。
息が上がったり、うまく声がだせなくなって
安定して歌うのが難しい。

それでも安定して歌えるというのは、
そもそも体力があることと、
歌うために必要最小限の動作を知っていることが必要です。

桜井さんはサッカーが趣味らしく、オフの日はよくサッカーをしているとか。
スポーツを定期的にやっていることで運動能力も上がるし、
体力づくりにも気をかけていることが、ライブにもつながるんだと思います。

また、声を出すための最小限の動きは何か。
ここさえ押さえておけば声は出せる、ということを知っておくこと。
それを知っておくと、息が上がって体力がなくなってきても
これさえやれば、ということだけ我慢してやれば
声を出すことができるということです。

ミスチル桜井さんの歌唱力その2 適度なノイズ

桜井さんの声は、「透き通るような声」と表現するわけにはいきません。
すこし「ノイズ」を含んでいます。
かと言って、いわゆる「しわがれ声」ほどではない。
適度なノイズが特徴、だと僕は思っています。

ギターでいうと、クランチ、という表現で、合ってるかな?
ぎりぎり歪んでるかな、ぐらいの音です。

ボイトレのよくある教え方では
喉を開いて、伸びのある通る声がいい声だ、と教えられることが多いのですが、
そのやり方だけを過信してやっていくと、この声にはならないのではないかと思います。

声が歪む、ということは、声帯を必要以上に閉めているということ。
そこに無理やり息を通すことで、ざらっとした音が出ます。
「エッジボイス」という声がそれですが、
高音までその声で歌うのはかなり難しいです。

桜井さんも、そうとう高音までいくとノイズが乗らなくなりますが、
それでも、ほかの人と比べても高い音までノイズが乗ったままの声になっているように思います。
これはもう、長年やっている間にその歌い方が染みついた、という感じなんだと思います。

関連記事として、こちらも参考にどうぞ。

「いい声」ってなんだろう?人に聞いてもらえる「いい声」とは

歌唱テクニック向上!しゃくりとフォール応用編

ミスチル桜井さんの歌唱力その3 経験値の高さ

経験値の高さ。これに勝るものはないなと。

例えば、2:09あたりの「順番を待ってたんじゃつ『ら』い」のところ。
『ら』の出だし、少し音程を外したんですが、瞬時にリカバリーしてます。
経験値がないと、リカバリーが遅かったり、このまま音を外しっぱなしだったり、
最後まで気づかないままの人もいます。
自分が今違う音を歌ってるのって、微妙な外れ方だと案外気づかないものです。

もともとミスチルって、桜井さんの歌唱力がすごかったわけではないバンドです。
・・・若干の暴言ですかね。。
いや、僕が若かりし頃、15年も前でしょうか。
ある雑誌に、「ミスチルは売れてるけど、あとは桜井の歌唱力だよね」
ということが書かれているのを見て、当時からミスチルファンだった僕は若干のショックを受けたのを覚えていますw

それぐらい、もともと桜井さんは、なんなら「下手」の部類に入れられるぐらいの人でした。
それでも、いまではこれだけ安定した、個性のある声を出せる。
まさに継続は力。経験のなせる業、だと僕は思ってます。

まとめ

ということで、Mr.Children、ミスチル桜井さんの歌声解説でした。

中音域の、微妙にノイズの乗った声も個性的で良いし、
高音部の伸びもきれいに出せる。
男性シンガーとして、目指したくなる人のひとりです。

きれいな声だけじゃなく、ノイズも乗せよう。
個性的な声をつくろう。
そう思わせてくれる歌声でした。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA