【歌声解説】RADWIMPS 野田洋次郎さんの歌い方、歌唱力を解説


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、RADWIMPSの野田洋次郎さんの歌唱力を解説してみようと思います。

これまでも若い世代を中心に人気でしたが、
特に、映画「君の名は」の主題歌「前前前世」で一躍有名になったRADWIMPS。

ソロプロジェクトの「illion」をやっていたり
他のアーティストのプロデュースもされています。

「illion」のアルバムはこちら。

 

野田洋次郎さんプロデュース、
さユりさんの「フラレガイガール」

 

こちらは野田洋次郎さんが「蝶々結び」という曲を提供した
Aimer(エメ)さんのアルバム。

精力的に活動されていますね。

そんな野田洋次郎さんの歌声解説。



前前前世

では、さっそく聞いてみましょう。
RADWIMPS「前前前世」

RADWIMPS 野田洋次郎さんの歌唱力1 突き刺すような高音

サビのフレーズ。
「君の『前前前』世から僕は 君を『さがし始めた』よ」

この曲の最高音。mid2F#です。
(mid2F#などの音名はこちらを参考にどうぞ)

野田洋次郎さんの場合、この最高音で
突き刺すように抜けてくる高音を出してきます。

このあたりの音程は、男声としては少し高いとはいえ、なんとかなる所。
カラオケで歌うにしても、ここはクリアしておきたいぐらいの高さですが。

このぐらいの音程だと、いわゆる地声と同じような声質で、
落ち着かせて、無理のない声を出すことが多いです。
ボイトレをやっていたりすると、特にそう指導されがちなのではないかと。

落ち着かせる感じで歌うと、こんな感じ。

これをRADWIMPS風に歌うとこんな感じ。

「落ち着かせる」歌い方は、声を口の奥で響かせるようなイメージ。
「RADWIMPS風」の歌い方は、声を鼻の奥の方で響かせるイメージ。

少し響かせる位置を変えるだけでも、印象が大きく変わります。
野田洋次郎さんの場合、特に高音でこの声の出し方、つまり
鼻の奥の方で響かせるイメージの声を出すので
突き抜けるような鋭い高音になります。

そこまで高い高音ではないですが、
声の出し方によって非常に印象的に聞こえてきます。
特にこの曲では、サビの印象的なフレーズにその声を当てているので
より目立って聞こえていい効果をもたらしているように思います。

ただし、どんな曲でもそういう声がいい、というわけではないと思います。
曲の雰囲気に合わせて使い分けられると良いですね。

声質、声色の話は、こちらの記事も参考に。
声色を変えよう!歌が上手くなるための表現力のヒント

RADWIMPS 野田洋次郎さんの歌唱力2 早口で歌う

RADWIMPSの曲は、早口で歌う歌が多いのが特徴のひとつです。

「前前前世」でいうと、全体的に早いですが、
特にBメロのフレーズですね。
「君の髪や瞳だけで胸が痛いよ」

これだけ早口で歌うと、発音が崩れやすいです。
一音一音を大げさに発音するぐらいがちょうどいいです。

特に、母音をしっかりと発音すること。
それが出来てないと、聞き取りづらい日本語になります。

RADWIMPSの曲で特に凶悪だと思うのは
「おしゃかしゃま」という曲。

 

2番とかね、何回か聞き直さないと仕組みがわからん。。

ここまで早いと、発音の問題ではなく早すぎて聞き取れなくなりますが。
それでもはっきりと発音すべきところはしているので、
言葉がつぶれているようには聞こえません。

音楽的にはしょってもいい所、はしょるしかない所は
あきらめて短くするなどの処理をするとして。
そうでないところは、はっきりしっかり発音をする。
特に歌詞が印象的なRADWIMPSだからこそ、言葉を聞かせたい。

発音に関しては、こちらの記事も参考に。
日本語の発音は大丈夫?日本語の歌詞こそきれいに発音しよう

RADWIMPS 野田洋次郎さんの歌唱力3 ブレスの入れ方

先ほどの、早口で歌う、というのと関連しますが。
ブレスを入れる位置というのをすごく考えてやっているように思います。

例えば。
前前前世のBメロ。
「君の髪や瞳だけで胸が痛いよ」
これ、どこにブレスを入れてもおかしいので、
一息で歌い切っています。

息を吸うとしたら
「胸が痛(ブレス)いよ」になりますが、
音が途切れてしまうため、あまりうれしくありません。

これ、やってみると意外と大変で。
Bメロに入る前に、よしこれを一息で言い切るぞ、という覚悟がいります。

なにより、こういう「一息で歌い切らなければならない」
というフレーズが、このあとも連発されていくので、
息を吸って、それを使い切る、という動作を連続でやらないといけません。

なので、ここは吸う。ここは吸わない、
というのをしっかりと把握しておく必要があります。

ブレスに関してはこんな記事も。
こっちでも「前前前世」使ってたわ。
息継ぎ一つで歌のリズム改善?前前前世で考えるブレスについて

余談:「ん」の発音

野田さんは、「ん」の発音が苦手かもしれません。

Aメロの
「それでもやれるだけ飛ばしてきた『ん』だよ」
「心が体を追い越してきた『ん』だよ」
の発音が、少し詰まったような感じに。

「ん」を無理に発音しようとして
舌を、口の上側にべたっとくっつけるようにしてしまうと
鼻が詰まったような発音になります。

軽く鼻に抜ける程度で、軽く発音する、ぐらいがちょうどいいかと。

「ん」の発音、難しいのでね。
僕も嫌いです。

まとめ

ということで、RADWIMPSの歌声解説でした。

突き刺すような高音と
早口でまくし立てるような歌い方が特徴です。

すごく高音、というわけではないのですが、
どの曲をとっても、早口とブレスが大変。
難易度の高い曲になっていると思います。

しっかりと練習をして、RADWIMPSを歌いこなしてみましょう。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA