【ボイトレ書評】決定版! 高い声で歌える本

booktop
歌が上手くなるためのボイトレ本書評。

今回ご紹介するのはこんな本。
決定版! 高い声で歌える本 (高音拡張のためのトレーニングCD付き)

著者:高田 三郎
出版:リットーミュージック



ざっくりした説明

高田三郎さん、というボイストレーナーが、高い声を出すにはどうしたらいいか、という目的に絞って書かれた本です。
特に海外で研究されている発声のメカニズムと、発声メソッドを紹介するような本です。

個人的には、わりと納得しながら読みました。
が、内容が濃いだけに、少し手薄になっている部分(具体的なトレーニング方法)については、少し物足りない気もしました。

本の内容

海外で特に研究が進んでいるとされている発声のメカニズムと発声メソッド、それを詳しく解説てある本です。

高い音が出るというのは物理的にはどういうことなのか。
そしてそれを実際に声にして出すには、どの機関がどういう動きをしていないといけないのか。
そのあたりのメカニズムを、挿絵を多用してわかりやすく解説されています。

また、僕がかなり納得しながら読んでたのは、本書の序盤のあたり。
発声の教え方が人によってまちまちになってしまっている現状を書かれている部分です。

Web上でも色んなボイストレーナーさんが色々な解説をされていたりしますが、
その説明って科学的に、物理的に合っているの?というような内容が時折見受けられたり、
用語の使い方が人によってまちまちだったりというような状況が見受けられます。
僕も気を付けながら解説を書かないといけないなあ、と思いながら読んでいました。

特に「ミックスボイス」という言葉が最近はやっていたりしますが、
どうも使い方が統一されていないように思われます。

そんなことを書いた記事もありますので、ご興味ありましたらご覧ください。

26.高い声が出せる?ミックスボイスの出し方を身につけよう

少し難しく、遠回りな内容があるかも

専門的な研究内容を、できるだけわかりやすく書かれている印象は受けました。
が、アマゾンの評価では「難しい!」と書いている方がいたりもするので、少し読みにくさがあるのかもしれません。

また、科学的な研究をするための機器の説明なども詳しく書かれていたりします。
これはこれで興味深い内容ではありますが、タイトルの「高い声で歌える」ということに直接関連する内容ではないかなあという印象を受けました。
知っておくに越したことはない知識ではありますけどね。

具体的なトレーニングメニューは本書の後半に少しまとめられている感じです。
個人的に物足りなかったのは、なぜこのトレーニングが効果があるのか、の理由の解説があまりないこと。
そこまでに様々な研究内容を細かく書いていた割には、、という印象がありました。

どんな人におすすめ?

「高い声が出したい!」と思っている人、よりも、
「高い声が出したいと思っている生徒さんがいる!」というボイストレーナーさんの方が、この本を読むには向いているのかもしれません。
もちろん、シンガーさんが読んでも参考になる内容はありますけどね。

ということで、気になった方はどうぞ。

あなたの歌声、解説します!
「ココナラ」でお手軽ボイトレ承り中
詳しくは↓こちらから↓

その他PR
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA