カラオケなんてクソくらえ!歌が下手になる方法

april

※エイプリルフールの記事です念のため。

今回は、皆さんお待ちかねの、歌が下手になる方法についてお教えします。
目からウロコの技もありますので、必見ですよ!



呼吸は、エラ呼吸で

腹式呼吸?なにそれ、おいしいの?

歌が下手になりたい方には、エラ呼吸がおススメです。
なにせ、水中でしか呼吸できませんからね。
地上で歌を歌っているときは、エラ呼吸では間に合わなくなることうけあいです。

でも、私、エラなんて持ってないよーという方。
多くの人がお悩みのことかと思います。

そんな方は、人間が水中で呼吸をするための道具、
そう、シュノーケルで呼吸すればいいのです。

こういうの。

これを付けて歌えば、歌が下手になること間違いなしです!
お試しください。

口は開けっ放し、あくびしっぱなし

もうね、口なんて閉じなくていいです。
歌ってるんですよ?だって、歌ってるんですよ!?
口を閉じている余裕なんてないはずです!

もうね、あくびしっぱなしでいいです。
眠いんか?お前眠いんか!?っていうぐらい、あくびしっぱなしです。
あくびをすると涙が出やすいですが、それも出っぱなしです。

涙が流れることで、泣きの歌も感情が入って歌いやすくなるんじゃないですか?
いや、知りませんけどね、やったことないから。

歌詞なんか覚えなくていい

歌詞が覚えられない、とか悩んでる前に聞いてほしい。
歌詞なんか、覚えるな!
むしろ、歌詞なんか見なくていい!知らなくていい!

みんなのスター、ジャイアンを思い出してください。
彼は、どんなリサイタルでも、「ボエー」と歌っています。
「ボエー」ですよ、「ボエー」。
歌詞なんか無視して「ボエー」です。
もうね、そういうことですよ。

大事なのは歌詞じゃない。スターになった気持ちだ!

感情がこめられればなんでもいい

感情をこめろ!とにかく感情をこめろ!
のどがかれてもいい。それぐらいの気持ちで歌うんだ!

きれいな声とかどうでもいい。
高い声とかでなくていい。
バーって歌えばいいよ、バーって。

なんかもう、適当、そう、適当に歌えばいいよ。まじで。
なんか説明するのもめんどくさくなってきたから、適当に歌いなよ。

適当に歌ってたら、なんか気持ちもワーってなってくるじゃん?
ガーって。こう、ガーってなってくるじゃん?
そんときに、バーンって声出せば、周りもドーンってなるじゃん?
そこで、ズドーンといくわけです。したらポンポンポンっていけるわけで。

だいたい、ファーってなってたら、バーってなるし、ボケーっとなるから、
もっとこうブオーってさ、ブオーブワーってな感じでさ。
ソウルフルでパワフルでハートフルでカラフルな感じでいいんじゃないすか。

大事なのは気持ちだ!ソウルだ!ウルトラソウル!Hey!

まとめ

練習なんかいりません。
心の赴くままに歌えばいい。
迷わず歌え、歌えばわかるさ。

いやあ、今日は本当にいいエイプリルフールですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA