【歌声解説】いきものがかり 吉岡聖恵さんの歌い方、歌唱力を解説


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、いきものがかりの吉岡聖恵さんを取り上げてみたいと思います。

2017年の1月に放牧宣言をして、
いったん活動を休止している「いきものがかり」ですが。
数々の名曲を残してきた功績は大きいものがありますね。

今回は、そんないきものがかりのボーカル、
吉岡聖恵さんの歌声解説です。
きよえさんと読みます。



ラストシーン

では聞いてみます。
いきものがかり「ラストシーン」

いきものがかり吉岡聖恵さんの歌唱力1 教科書のような発声

吉岡聖恵さんの歌い方をどう表現していいのかすぐにはわからなかったんですが。
なんというか、基本に忠実というか、
教科書のような発声をするな、という印象を受けています。

クセのない、クリアな発声、と言いましょうか。
あまり小細工としてのしゃくり、フォールを多用せず
(使ってないわけではないですが、最小限にとどめて)
素直に声を出して、素直に響かせている、という印象です。

いきものがかりの曲は「ラストシーン」のように
じっくりと聞かせて、いい歌だな、となる曲が多いので、
あまりクセの強いボーカルよりも
すっきりとして聞きやすい吉岡聖恵さんのような歌い方がしっくり来るのではないかと。

ある意味、「いきものがかり」が「いきものがかり」であるゆえんは
吉岡聖恵さんがボーカルだから、と言っても過言ではないぐらい。
目立った特徴があるわけじゃないボーカルなんですが、
でも声を聞くとちゃんと「いきものがかりだ!」となる。

ある意味、ボーカルとして一番あこがれるかもしれない。

いきものがかり吉岡聖恵さんの歌唱力2 高音も低音も

高音も低音もいい感じで出せるよ。
というのが、吉岡聖恵さんの良いところですが。

とくに、サビの高音が気持ちよく抜け出てくる、
という感じは、あんまり解説しなくてもみんな知ってるかな、
と思ったりするので。

低音に注目しましょうよ。

色んな人の歌声解説を書いてますが、
わりといろんな人の低音に注目することが多いです。僕。
低音は大事。

例えば。
2:32からのフレーズ「は『しゃ』いで駆け出す」
mid1F#です。
(音名mid1F#が分からない人はこちらへどうぞ

女性にとって、むちゃくちゃ低い、というわけでもないですが、
出しやすくもない音程。

特にいきものがかりの曲は、サビがいい感じにキャッチーなので
「サビの高音のところ歌ってすっきりしたい!」
とカラオケで歌ったら、意外とAメロBメロが低い!
ということが結構あるんじゃないかと。

こういう所を落とすともったいないので、
ぜひ注意して、何食わぬ顔で歌えるようにしたいものです。

低音に関してはこんな記事もどうぞ。
低音が出せるから歌はうまくなる!低音の練習方法

いきものがかり吉岡聖恵さんの歌唱力3 んー

「ん」の発音。
しっかりと響かせている印象があるんです。

一番目立つのは、サビの途中
3:38あたりからのフレーズ
「何度も呼『ん』でしまう」

「んー」と伸ばすところね。
これ、難しい。

大きい音を出そうとして踏ん張ってしまうと
「むーー!」という音になるし、
力の入れ方を間違えると発音できない。
「ん」って難しいんです。

鼻筋の上のところに声を当てるようにすると
出しやすいかも。
最初は小声でもいいので、
軽い感じで練習してみるといいと思います。

というか、このタイミングに「ん」を入れる作詞の凶悪さよ・・・

でも、それをうまい感じで処理してくるのが吉岡聖恵さんですよ。
ほかの曲にも「ん」が出てくるところがありますが、
割としっかりと響かせられている印象があります。

発音に関しては、こんな記事もどうぞ。
日本語の発音は大丈夫?日本語の歌詞こそきれいに発音しよう

いきものがかり吉岡聖恵さんの歌唱力 きれいな発声の反面?

いきものがかり、
たまにこういうコミカルポップな曲も作ってきます。
「Sweet! Sweet! Music!」

 

あと、「じょいふる!」とかも似た感じですけどね。

僕、個人的になんですけど、
いきものがかりのこういう曲、あまり好きになれなかったんですよ。。。
なんでだろうと思ってたんですが、

声が合わないんだと思うんです。たぶん。

この曲を好きになるファンの方や、
この曲でライブで盛り上がったりすることなんかは、
全然否定する気はないんですよ。
なんの問題もないし。

楽しい曲なのは間違いないし、
盛り上がると思います。

ただ僕、個人的には、
吉岡聖恵さんの声が、こういう曲と合わないなーと。
ずっと違和感を感じて過ごしておりました。

そんな気持ちを、ブログに書いてみました。
気持ちを吐き出すことで、なんかすっきりしました。
すいません、勝手にすっきりして。

何度も書きますが、合わないからダメ、と言うわけではないです。
もう少し違う合わせ方もあったんじゃなかろうかと、僕みたいな外野が勝手に思うけれども、
「いきものがかり」として活動していく中で
こういう曲があってもいい、あった方がいい、ということで
この曲が作り出されたんだと思いますので。

・・・そういう見方もあるんだなーと思っていただければと思います。
皆さんは、どうお感じでしょうか。

吉岡聖恵さんの歌声を例えると

吉岡聖恵さんの歌声を何かに例えてみようのコーナーです。

「牛乳」です。

ごくごく飲もう!!

いや、放牧宣言の画像を見たからかもしれませんが、
牛乳っぽいなーというイメージでしかない。

大人から子供までいける、
からだに良い、みんな知ってる飲み物。

となると、もう牛乳しかないよね。
カルピスとかヤクルトとかもあるけど、
やっぱり商品名を直接出しちゃうと会社の権利関係とか絡んでくるから
牛乳の方が安心できるよね(謎

というわけで。
牛乳のような歌声。
いかがでしょうか。

まとめ

ということで、いきものがかりの吉岡聖恵さんの歌声解説でした。

素直でまっすぐな歌い方が魅力です。
基本能力が高い!
という感じですよ。
牛乳声ですよ、牛乳声。

いきものがかりは活動休止ではありますが、
そのうち復活するかもっぽいコメントの出し方なので、
復活の日が来るかもしれません。

期待しつつ、待ちましょう。

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA