1.ボイトレことはじめ

はじめまして。ボイストレーナーのでんすけと申します。

densuke
こんな人です。

このコーナーでは、歌がうまくなりたい人のために、
どうすればうまくなるのか、理論的な話、直観的な話を織り交ぜながら、
できるだけわかりやすく解説していこうと思っています。

学校などで教えるような、声楽の理論を正確に記述しようとするものではなく、
あくまでわかりやすさを重視し、時に私自身の私見も入れながら書き進めていきます。

それは学術的に間違っているぞ!というご指摘は大歓迎です。
若輩者の私も、大いに勉強させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。



1.1.まずは心構え

歌を歌うことは、簡単です。誰にでもできることです。
幼い子供から、お年寄りまで。歌うことは難しいことではありません。
なので、誰でも気軽に、気楽に歌を歌ってもらえばいいと思います!

ただし、「うまく」歌うことは非常に難しいです。

実際、プロと呼ばれるボーカリストでも、定期的にボイストレーニングに通ったり
練習を重ねたりして、ようやく人前で歌うことができています。

つまり、うまくなるには、それなりの時間と労力が必要、ということです。
ボイストレーニングを始めたからと言って、急にうまくわけではないですが、
そこは焦らずに、じっくりと取り組んでいきましょう。

このサイトでも、できるだけみなさんが挫折しないよう
わかりやすい記述を心がけて書き進めたいと思います。

1.2.ボイトレするとなにがいいの?

初めから、労力が必要だ、なんてことを書いて、
モチベーションが下がってしまうかもしれませんが。。
ボイストレーニングをすると、きっといろいろ、いいことがあるはず。

例えば、歌がうまくなることで

  • モテる!
  • 会社の飲み会後にカラオケに誘われても、一目置かれる!
  • 趣味が広がる!(バンドしてみたり、発表会に出演してみたり)
  • それにつれて、交友関係が広がる!
  • もっとうまくいけば、プロ歌手になれる!?

みたいな感じでしょうか。

なんかチャラい!特に「モテる!」とか言ってる時点でチャラい!
とか思ってしまった方のために、もう少し違う視点で考えてみると。

  • ダイエット効果が期待できる
  • 集中力が高まる
  • 脳の活性化になる

ということも!!

後から出てきますが、歌を歌うには「腹式呼吸」という呼吸法を使います。
これは座禅やヨガなどでも使われる呼吸法で、リラックス効果や集中力を高める効果が期待できるのと、
おなか周りの筋肉を意識するため、多少のダイエット効果が期待できます。
(もちろん、みんなが痩せるわけではないですが。。。)

yoga
ヨガ的なイメージで。

また、音楽をやること自体が脳の活性化になると言われていますので、
脳や体の健康面でもいいことがあるのではないかと考えられます。

どうでしょう。すこし、モチベーション上がりましたか?

まとめ

ということで、歌がうまくなる方法を、できるだけわかりやすく解説していきます。
「うまく」歌うことは難しいですが、いろいろ体にいい効果も期待できるので、
ぜひ頑張ってみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA