62.歌の表現力向上に!ADSRの概念を参考に声色づくりを。

62_top
こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

今回は、ADSRという概念を知ってもらおうと思って解説します。
なにそれおいしいの?という方。
この機会に、覚えてみてください。

ボーカルの話でADSRを持ち出してくるような人は、きっとあまりいないはず。
僕が初めてかもしれません。ウヘヘ。

いや、そんな大した話じゃないんですけどね。
ボーカルの表現力を考えるうえで参考になればと思います。



52.1.そもそもADSRってなによ

ADSRとは。
これだあ!
52_1_ADSR
これです。

  • Attack:音の立ち上がり。音量がいきなり最大で発生するのか、ゆっくり最大に向かうのか
  • Decay:音の減衰。最大音量になった音が、どれくらいの時間でSustainレベルまで減衰するか
  • Sustain:減衰後の音量。Decayタイムが経過してからは、この音量で保持し続ける
  • Release:余韻。鍵盤を離してから音が残り続ける時間

という感じです。

これ、シンセサイザーで音色を作るときに使われる概念で、
ADSRそれぞれのパラメーターを調整することで狙った音を作ろうというものです。
シンセサイザーであるがゆえに、Releaseの説明に「鍵盤を離して」なんていう一文があるわけですね。

52.2.実際にADSRをいじるとどう聞こえるのか

動画にまとめてみたので、ご覧くださいませ。

ざっくりと言葉でニュアンスを伝えようとすると、こんな感じでしょうか。

  • Attack:遅くすると、音の出だしのアタック感がなくなり丸くなった印象になる
  • Decay:減衰を早くすると小気味よく、もしくはぶつ切れに聞こえる。Sustainと併せて使うといい感じ。
  • Sustain:音を伸ばすとバイオリンなどのストリングス系などの雰囲気。音を伸ばさないとボンゴ、マラカスなど鳴らした瞬間に音が消える打楽器系の雰囲気。
  • Release:ギター、ピアノなど、実際に弾いてからしばらく音が残る楽器の表現に使う

52.3.ADSRを歌に応用する

んで、これをどう歌に活かすのか。
すべてそのまま取り入れられるわけではないと思いますが、
音の成り立ちをADSRに分解して考えることができるんだ、ということを知っておくと
いろいろ応用させて考えやすくなるかと思います。

こちらも動画にしてみました。

一番わかりやすいのは、Attackですね。
音の出だしを、いきなり出すのか、柔らかく出すのかによって印象が変わります。

DecayとSustainによる音の減衰について、動画ではレガートとスタッカートみたいな感じになってますが、
実際の歌のなかでは、もう少し繊細な表現になっていくかと。

Releaseについては、ボーカルは鍵盤を押す、離すという概念がないので正確には違いますが、
音の終わり際をどれだけ伸ばすのか、ビブラートをかけるのか、といった部分の調整になるかと。

まとめ

ということで、ADSRの概念をボーカルに当てはめてみる、という話でした。

音の出だし、音を減衰させるのか、終わり際をどうするのか。
ひとつひとつの音に対して、このあたりを意識して声を出すようにすると
表現力がまたひとつレベルアップするかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA