歌が上手くなるための!ボイトレ用発声練習音源のおすすめの使い方まとめ


こんにちは。ボイストレーナーのでんすけ(@densuke_snail)です。

発声練習のための練習音源、
という動画をいくつかYouTubeにアップしているのですが。
こんなやつ。

 

で、その中のいくつかが、10,000回再生突破しました!
やったね!

ということで、せっかくなので
発声練習音源のいい感じの使い方とか、
こんな人に使っていただければいいと思ってます、とか、
そういうのをまとめてみたいと思います。



人気の音源はこいつだ!

みんなが使ってる、人気の音源Best3はこちら。

・5トーンスケール(女声用)
・ロングトーン(女声用)
・ハモリ(男声用)

 

上の3つが、10,000回再生を突破したヤツらです。(2017年6月現在)

なんだか、男女差もあるような感じがしますね。
女性は、5トーンスケール、ロングトーンと、
どちらかというとベーシックに声を出す練習を好むのに対して、
男声は、ハモリをやりたがるというか、
応用編な練習音源がよく使われています。

男性の方が、見栄があるんだろうか。
「いや、基礎的なことならできてますしオレ」みたいな。
僕も男なのでね。その気持ちも分からんではないですが。
意外と基礎的なことができてないの、自覚した方がいいぜ。

対して女性の方が、
真面目に基礎練習をやる人の方が多そうです。
僕がボイトレを教えてる経験則でも、
なんとなくその傾向はあるかと。

逆に言うと、そろそろ応用的なことやってもいいんじゃない?
と思うタイミングでも、まだ基礎練習にこだわる人もいたり。
その辺のバランス感覚、男女で違うのかも。

さて、トップ3の音源、使い方を見ていきます。

5トーンスケール

5トーンスケールは、
とりあえず発声練習といえばこれ、
というぐらいの定番なものです。

ウォーミングアップをしてみたり、
色んな言葉でバリエーションをつけてみたり
苦手な発音を繰り返してみたり、
何でもできる感じです。

ベーシックに「ア行」
たとえば「ハ、マ、ナ」あたりで発声するなどで
ウォーミングアップ的に使えるかと思いますし。

「ウィ」や「ネイ」などで繰り返すことで
高音での響かせ方を感じながらやりやすくなったり。

他にも、滑舌悪くなっちゃう歌詞で繰り返してみるとか、
「ア、イ、ウ、エ、オ」の中で響かせにくい苦手なやつを繰り返してみるとか、
リップロールでやってみたりとか。
色んな発声でやってみて、分析してみるのも面白いと思います。

ただ、この5トーンスケール、
実は意外と安定させるのが難しい。
音程が外れやすい。

そこを安定させる、というのも練習の一環にはなると思いますが。
安定しづらい人は、後で紹介する「オクターブスケール」を使うのがいいかもです。

おススメ度:★★★★★
応用利く度:★★★★★
かんたん度:★★★☆☆

ロングトーン

その名の通り、長く伸ばす声、ですね。
ロングトーンの練習動画も人気です。

フレーズの終わりぎわとか、
サビの終わりぎわ、曲の最後とか。
長ーく伸ばす声。あれがロングトーンですが。
その練習です。

ロングトーンに関してはこんな記事もどうぞ。

28.パワフルに伸びる声を手に入れたい!ロングトーンの練習

で、ロングトーンの練習ですが、
もちろん長く伸ばす、という練習なのですが、
声の安定性が求められます。

なので、ロングトーンを練習することで
ブレない声を出すことができる、という効果が期待できるかと。
逆に、全然安定していない初心者の方がやっても
最初はなかなか難しいかもしれませんので、
まずは声を出すことに慣れてからやるのがいいと思います。
そういう意味では、中級者以降の方におすすめかも。

こちらも、いろんな発音で伸ばしてみたり、
歌いたい歌の歌詞で伸ばしてみたり、
お好きな使い方でどうぞ。

おススメ度:★★★★★
応用利く度:★★★★☆
かんたん度:★★★☆☆

ハモリ

ハモリの練習動画も人気。
どちらかというと、男性からの人気が高いです。

3度上下、5度上下のハモリを実際にやって
響きを体で覚えてしまおう、という動画です。

ハモリについては、こちらの記事も参考にどうぞ。

25.テクニックを身につけて歌唱力を上げよう!ハモり編

で、この動画については、
ハモリをやりたい!という方にしかおすすめはできません。
そりゃそうですけどね。

ただ、ハモリをやりたい人に向けての
とっかかりをつかんでもらう練習にはいいと思います。
基本的な感覚をつかんでおくことで、応用が利くようにはなるかと。

初めてハモリをやる方には、なかなか難しいかもしれませんが。
何度もやってみて、コツをつかんでいくしかないかと思います。

でも、ハモリって、やりたくなるよね。
やりたいなら、やっちゃえばいいのさ。
ということで、練習してみて下さい。

おススメ度:★★★☆☆
応用利く度:★★★★★
かんたん度:★☆☆☆☆

もうひとつのおススメ「オクターブスケール」

さて、ベスト3をおススメしてきましたが、
もうひとつだけ。

やっぱり、基本の発声練習にはコレがいいのかと思っています。
それが、「オクターブスケール

先ほど出てきた5トーンスケールよりも
どちらかというと音程を外しにくく、
安定的に声を出すことができます。

また、音域も1オクターブと広すぎず、狭すぎず、
なので、無理なく練習できるかと思っています。
初心者から熟練者まで。

5トーンスケールと同様、
色んな練習に使えます。
おこのみの発音、苦手な言葉、リップロールetc.
好きなように使えるのも、
こういうベーシックな音源の良さですね。

高音になっても、低音と同じような声質で出せるように練習すると
裏返らない、張りのある高音を練習することにもつながります。
高音の練習にもどうぞ。

おススメ度:★★★★★
応用利く度:★★★★★
かんたん度:★★★★☆

まとめ

ということで、ボイトレ練習音源のおススメを紹介してみました。

10,000回再生突破、ということなんですが、
長い期間を経て、じわじわと再生回数を伸ばしてきた結果です。
それだけ、繰り返し練習して下さってる方もいらっしゃる、ということだと思います。

継続は力なり、と言いますが。
繰り返して練習することがやはり大事です。

まずは僕の動画で練習をしてみてもらって、
何度か繰り返すうちに、自分の声の状態がなんとなくでも体感できれば
そこからいろんなことを試してみる糸口になるかと思います。

ぜひお使いいただければと思います。

今回おススメした動画以外にも
いろんなバリエーションの練習動画を用意しておりますので、
こちら↓もアクセスしてみて下さい。

App1.発声練習のための音源まとめ

それではまたー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA