32.プロもやってる!歌が上手くなるための基本のトレーニング、リップロール

32_top

今回はリップロールを取り上げようと思います。

以前、舌を意識するのが歌の上達に効果的というような記事を書いたときにも少し紹介しましたが、もう少し詳しく書いておこうと思いまして。

タイトルの通り、基本のトレーニングです。
割と最近?なのか、プロの方も取り入れて積極的にやっていると言われるトレーニングです。
歌がうまくなりたい方はぜひ読でもらって、取り入れてくださいませ。



32.1.リップロールってなに?

そもそもリップロールとはなにか。

こんなやつです。

くちびるブルブルするやつです。

もっとあからさまにブルブルできる人もいますが、
とにかく、こうやってブルブルさせるのがリップロールです。

動画の後半でも出てきますが、口の周りを少し押さえてあげると、よりブルブルしやすいです。
頑張ってブルブルしてみてください。

32.2.リップロールの何がいいの?

何がいいって、なんとなく楽しそうじゃないですか?
そうでもないですか。そうですね。

冗談はさておき、何がいいかというと。

  • しっかりした息を吐く練習になる
  • これで発声をすると、のどに力みなく発声しやすい
  • 口周りの筋肉のウォーミングアップができる
  • ということが挙げられます。

    しっかりした息を吐く練習になる、というのが一番のポイントだと思っています。
    いわゆる腹式呼吸ですね。
    吐く息をコントロールして吐き続けなければならないため、よいトレーニングになるとされています。

    腹式呼吸のやり方に関してはこちらへ

    また、のどに力みなく発声しやすいという、これは効果というより特徴でしょうか。
    息をしっかりと吐いて、くちびるを震わせる、というところにどちらかというと意識が行きやすいので、
    自然とのどに無駄な力を入れずに発声をしやすくなります。
    特に高い音程などは、リップロールしながら発声してみて感覚を確かめてみる、というのも良いかと思います。

    口周りの筋肉が、という話は、僕自身は実は少し懐疑的ではあるのですが、
    一般的にはこういう説明もされていますので一応挙げておきます。
    表情筋というのも大事ですからね。

    32.3.リップロールでトレーニング

    では、実際にトレーニングしてみましょう。

    まずは、息を吸ってー。
    腹式呼吸でね。肩は上がらない!

    そして、音程はなんでもいいので、
    「ブルルルル・・・」と長くリップロールを続けてみましょう。

    ポイントは、ぶれないこと。
    音量が変わったり、音の質がかわらないよう、一定の音を出し続ける、
    つまり、一定の間隔で息を吐き続けるということです。

    これが案外難しい。
    できれば人に見てもらいながらやるのが良いですが、
    録音してみたり、ムービー取りながらやってもいいかもです。

    できれば、1回につき10秒ぐらいは続けてください。
    最初のうちはそんなに続かなかったりしますが、練習あるのみ。

    32.4.リップロールで発声練習

    こんどは、それで発声練習しまーす。

    発声練習用の音源がありますので、
    それに合わせて発声練習してみてください。
    5トーンスケールを使ってもらえばよいかと思います。

    1オクターブぶんぐらい続けると、結構しんどい時もあるかもです。
    くらっと来ることもあるかもですが、無理はしないように。。

    32.5.実はプロも使うリップロール

    結構、プロの方でもリップロールをウォーミングアップなどに使う方もいらっしゃるぐらい、
    一般的なトレーニング方法になってます。
    ぜひ身に付けて、使っていってください。

    ちょっと違う話ですが、LOUDNESSの二井原実さんと、B’zの稲葉浩志さんが対談してる動画がありまして、そこでリップロールの話も出てきてます。
    リップロール以外の話も面白かったのでおススメ動画です。
    1時間ぐらいありますが。。ちょこちょこご覧ください。

    リップロールの話は18:00ぐらいのところから。

    まとめ

    今回はリップロールを取り上げました。

    唇を震わせるリップロール。
    それをつかって発声練習をすると、いいウォーミングアップになります。
    ぜひお試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA