.52ガロンの立ち回り!ナワバリバトルでチョーシサイコーにするぞ!【スプラトゥーン2】


こんにちは。でんすけです。

スプラトゥーン2で全ブキ「チョーシサイコー」に上げるプロジェクト。
今回は.52ガロンです。
通称「ゴーニー」、「ガロン」、「ゴツガロン」とか。

チョーシサイコーまで上げたので、立ち回りなどを書いてみようと思います。



スプラトゥーン2の.52ガロンについて

1発のダメージが52!ということで
.52ガロンという名前、らしいです。

スシとほぼ同等の射程を持ちつつ、
ダメージが52ということは、確定数が2!

という威力の高さを存分に活かしたいブキ。

その反面、
連射力が弱く、弾のブレも少し大きめ。
そして、撃っている最中の移動が遅め。
重量感のあるブキです。

サブはポイントセンサー、
スペシャルがイカスフィアです。

ナワバリバトル、.52ガロンの立ち回り

攻撃力が高いから、強い!
と思いきや。
連射力の弱さとぶれの大きさが災いして、
正面から撃ち合うと意外と負けるという。
なんとも扱いの難しいブキです。

きれいにクリーンヒットすれば相手を瞬間的に倒せるんですが、
少し弾がぶれたりすると、途端にきつい。

なので、僕の場合は、
どちらかというとセンプク気味、
あるいは味方と一緒に戦う、
ポイセンでサポートする、
というサポート的立ち回りがメインになってました。

威力が高いのでキルできるブキっぽいですが、
どちらかといえば、
キルを取るより、敵を前線から下げさせる意識の方が
ナワバリでのガロンに関しては、うまくいきそうな気がしています。

とりあえず、イカスフィアが溜まってから前に出る感じ。
センサーで相手を確認しつつ、
味方とともに相手を倒しに前に出る。

よきところで、スフィアを発動して
前線をかき乱しに行く、という感じです。

1発の重みがでかい

威力が高いので、1発でも相手に当てていると
味方と一緒に倒しやすいです。

相手に少しでもダメージが入った状態だと、
1発当ててあげれば倒せることもありますし。

逆に、1発当ててから外すと
相手に逃げられる or 返り討ちにあうので
できるだけ「しっかり狙って」から撃ち始めるのがいいです。

そのためにセンプク、
敵の位置を落ち着いて見ておくなどしておく必要あり。
「なんとなく」で撃ってると外してしまう。

1発に笑い、1発に泣くブキです。

意外と3確になることも

射程距離ぎりぎりのところで当てると
ダメージが減衰して確定数が3発になることがあります。

これ、つらいんですよね。

2発で倒せる!と思っているので、
倒せた!と思ってもまだ相手が生きのびているという。

ほんとに射程ギリギリぐらいで撃った時は
2確じゃないかも!と意識しておくのも大事かと。

ポイントセンサーは積極的に

ポイントセンサーはできるだけ積極的に投げましょう。

塗り優先で動いている場合などは
インクが足りなくなる可能性があるので、
できるだけ回復してから投げるとして。

センサーを付けておくと、
味方が倒してくれるのを期待できますし、
なにより、威力の高い.52ガロンなので、
自分が有利に立ち回ることができる。

1発の重みがでかいガロンなので、
相手の位置をわかって撃つことができる、というのは
かなりでかいアドバンテージです。

また、射程の短いブキ、ボールドやローラー系にセンサーを付けると、
センプクしてる相手は下がらざるを得なくなります

相手がセンプクするのを見かけたり、
相手インクをクリアリングする意味でも
ポイントセンサーは有効活用すべし。

イカスフィアは前線を下げさせる用途で

スペシャルのイカスフィア、
Ver.1.3.0(だったか?)で弱体化したとはいえ、
相手の前線を押し下げる意味では強力なスペシャル。

倒す、というより、相手を下げさせる
という目的で使うのが良いかと。

ときどき、敵陣の深いところまでイカスフィアで入り込むガロンを見かけますが、
個人的にはおすすめしません。
というか、僕にはできません。。

たしかに、キルする力のあるブキではありますが、
リスキル(相手の復活地点近くでキルを取ること)
をやり続けるほど小回りの利くブキでもないですし。

敵陣まで入り込むのであれば、
入り込んだ後、すぐに前線まで引き返しながら、
後ろから敵を倒して帰ってくる
という動きがいいと思います。

ナワバリバトル、.52ガロンのおすすめギア構成

僕が使っていたギア構成はこんな感じです。

スペシャル性能アップ、スペシャル増加量アップ、ヒト速度アップ

イカスフィアはやっぱり使いたいので
スペ増は付けたいのと。

スペシャル性能アップは、
イカスフィアの耐久力と爆発範囲が増強されます。
正直、あまり実感はなかったのですが、、、なんとなくつけてました。

ヒト速、撃ち合いでなんとなく役立ってる気もします。
撃ちながらの移動は相変わらず遅いので、
撃つのをやめたときの移動が速くなる感じ。

ポイセンも頻繁に使うので
サブインク効率でもよさそうですが、
困るほどインクがなくなるわけでもないので
僕は無くても大丈夫な気がしました。

今日のハイカラスクエア

ハイカラスクエアの様子を勝手にご紹介するこのコーナー。
今回は新ルール、ガチアサリ特集。

なつかしのマンガ

ガチあさりちゃん。

 

あさりといえば

寒い冬にはあったまるよね。

 

オラにアサリを!!

元気玉みたいな感じなんだね。

 

ガチアサリのルール

味方に投げられるって、どっかに書いてあったっけ?

 

よく見ると?

なんかちっちゃいやつ。

 

現場からは以上です。

それではまたー。

PR

その他のブキについてはこちらから!

ギア一覧もあります。


3 thoughts on “.52ガロンの立ち回り!ナワバリバトルでチョーシサイコーにするぞ!【スプラトゥーン2】”

  1. ぽしょ says:

    52難しすぎじゃないですか?よく白旗までいきましたね。赤旗すら行けない。イカスフィアのコツ教えて欲しいです。全然うまく使えない

    1. densuke says:

      コメントありがとうございます!

      確かに、ガロンは扱いの難しいブキですよね。

      ただ、個人的にはシューター系はまだなんとかなる気がしていて。
      ガロンよりも、ブラスター、チャージャーの方が難しくて
      どうしようかと思っているところです。。

      さて、ガロンの話ですが。
      記事中にも書いてましたが、
      撃ち合いに勝つ!
      というよりも、
      オラオラ下がれお前ら!
      という意識の方が上手くいく気がしています。
      敵を倒せるのがベストですが、
      ナワバリの場合は「塗らせなければ勝ち」なので。

      イカスフィアも同様で。
      爆発でキルを取れるのがベストですが、
      あまり深追いをすると、
      敵陣でスフィアがはがれて無防備になっちゃう、
      というリスクを伴う行動にもなります。

      なので、
      邪魔なポジションを取っている相手に対して
      足場の悪いところに移動させるように回り込んでいって
      自分は安全な場所で爆発する、
      という動きがベターかと。

      相手が敵陣に引いて行ってしまえばそれで一旦放っておくとして。
      逆に、自分が有利な場所に誘い込むことができれば
      爆発で倒せなくても、
      威力の高いメインで落ち着いて片付ける、
      もしくは、ポイセン付けて味方と共闘する
      という動きが取れます。

      たしかに、扱いの難しいブキではありますが。
      「いま目の前のキル」だけがすべてではない、
      という立ち回りが求められるブキかなと思います。

      1. ぽしょ says:

        ご親切にありがとうございます。
        このチャレンジは予想以上に大変ですね。
        いつも更新を楽しみにしてます。追い付きたいですがまだまだです。ガチのほうが簡単のように思えます。
        これからも頑張ってください。参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA